チラシ

是非利用したい方法

商品の宣伝、販促ならフライヤー印刷が便利です。定型や変形を選ぶことができ、デザインもカラーも思いのままです。オフセット印刷なら大量の印刷物に便利ですし、オンデマンド印刷なら少量でも美しくプリントできます。

PRINT

魅力の多い印刷方法

フライヤー印刷の魅力は綺麗で見栄えの良いチラシを短期間かつ低コストで作成できる点です。デザインに自信が無い場合は業者のデザイナーにお願いできるのも魅力の1つと言えるでしょう。

印刷機

費用は要チェック

フライヤー印刷はスピードが要求される印刷物に向いています。例えば、近日中に安売り広告を製作したい時、展示会などで顧客に配布するチラシ広告が不足してしまい、いち早く印刷物が欲しい時などに便利です。

フライヤー

流れを把握しよう

フライヤー印刷を発注するときには納品までの流れや仕組みをよく把握し、入稿までのデータ内容をほぼ完成形にまで近づけましょう。それが納期の短縮とスムーズな業務運営に役立ちます。

インク

比較検討が大事

フライヤー印刷は価格がリーズナブルで、納品も早く、仕上がりのクオリティも高いのでとてもおすすめです。業者はたくさんあるので、値段で比較して決めるのがスムーズでしょう。

色見本

意思疎通をはかる

ネットを使わないアナログな宣伝方法として有効なフライヤーの印刷を、業者に依頼する際には気を付けるべきことがあります。それはフライヤー印刷を行ってもらう業者との意思疎通です。

フライヤー

データ依頼が便利

フライヤー印刷とは主にチラシ印刷のことです。現代社会はインターネット時代ですが、視覚的に訴えかけるチラシの効果は絶大です。また、こうした業者とはデータのやり取りだけで印刷が完成するので、遠距離業者への発注も可能です。

素早く宣伝できる

印刷機

素早く宣伝できる

フライヤー印刷の宣伝を見かけた事がある人は多いのではないでしょうか。フライヤー印刷の語源は、航空機からチラシ広告をばら撒いた事に関与していると言われています。航空機からチラシをばら撒く事で広範囲に住む人々に対し、チラシ配布を行う事なく、まとめて配布をしていたようです。さらに、受け取る人もお得な情報が掲載してある事が分かればいち早くお店に行く事が出来るなどのメリットもあったようです。現代では航空機からチラシをばら撒く事はしませんが、このようにいち早くチラシを消費者に届ける事が出来るなどの理由からもフライヤー印刷という言葉で宣伝を行っている印刷会社が多くあります。チラシ製作の中では印刷の選択肢があります。一般的な印刷は版下を製作して、フィルムの撮影を行います。フィルムは印刷機に使う刷版を製作するために使用するもので、刷版製作やフィルム製作の事を製版と呼びます。製版工程はページ数が多いと時間を要してしまいますが、チラシ広告の場合はペラ物か両面印刷になるので、それほど時間は掛かりません。刷版が完成すると、いよいよ印刷という流れになりますが、印刷する時には1枚の用紙に複数のページ、もしくは複数の枚数をまとめて印刷を行い、印刷が完了した後に断裁などの製本処理が行われ、チラシが完成します。フライヤー印刷として利用するためには、こうした工程がロスに繋がる事からも、オンデマンド印刷と呼ぶ製版工程が要らない方法でフライヤー印刷が行われる、製版工程などがないのでコストも安上がりになるので人気が集まっているのです。